移住のきっかけ① パパの病気

2018年8月。

兄Uは当時小3で、弟Kは年長さん、私は幼稚園の役員をやっていて、ちょうどバタバタとしていた頃でした。 

 

「なんかさ、しこりみたいなのがあるんだよね。」

 

いつもと違って、なんだか不安気な声で呟くパパの一言。

話を聞けば2週間ほど前から気になっていたという。

 

「すぐ病院行った方が良いよ。」

 

そう伝えた。気になるなら取り合えず病院に行けば安心と思っているので。もう既に記憶が曖昧になってきてはいるけれど、確か土曜日だったと思う。

 

「なんか、癌かもしれないんだよね。」

 

帰宅したパパは、総合病院の紹介状を持ち、冷静に淡々と状況を説明してくれた。癌かどうかの判定は、厳密には、組織を病理検査に出してからという事だけれど、

もうその時点で、可能性は高いと言われたんだったと記憶している。

 

癌かもしれないとなんとなく分かっても、具体性もないし、今後の事もまだよく分からないし、何だか夫婦そろってふわふわしていたのがこの頃。

 

Kの最後の幼稚園の年だったし、私は委員会活動で忙しく、パパも1か月前に新しい部署に異動して間もなく…という時期だったからか、

なんだか、本当に実感がなくて、どちらかと言うと、とても楽観的だった。

 

けれども総合病院での細胞診の結果、癌だと診断された時は、予想してはいたものの、やっぱりショックを受けた。

既に転移もしていて、ステージⅢ中Ⅱbという、予後が良いのか悪いのか、治療が有効なのか否か、はっきりしない状態。

「やっぱり癌って聞くと、がーんって来るよね。」

「だから癌なのかね。」

帰宅してから、そんな風に夫婦そろってやっぱりまだふわふわした会話をしていたけれど、

自分の状況を徐々に飲み込んでいったパパは、きっととても苦しかったと思う。

 

幸運にも抗がん剤4クールはよく効き、無事退院したパパだったけれど、長期入院中に、自分の生き方やこれからの事など、たくさんの事を考えていたんだと思う。

入院後半から、彼の口から「移住」という言葉が、ぽつり、ぽつりと出始めた。

今までの仕事中心の生活。

家族皆で過ごす時間の少なさを憂い、人生において何が自分にとって大切なのか、どうやって生きていきたいのかを、ずっと考えていた様だった。

 

再発の恐怖と、末端神経障害という抗がん剤の後遺症と共存しながら、またいつもの生活に戻ろうとしている。

元の部署に戻ることはハードルが高すぎて、しばらく元気のない時期もあったけれど、

移住の話をする時のパパは、やっぱりなんだか楽しそう!

パパの希望で退院後すぐに、国内の移住候補地に、家族旅行がてら足を運んだり、その後もどこかいい場所がないかと、彼は常に情報収集を続けていた。

  

2018年夏から2019年初夏にかけて、パパの心は移住に向けて動き出していたけれど、

この時点では、大好きな仕事を辞めて移住だなんて、私は全く考えていなくて、パパ一人があれやこれやと動いていたのを見守っていた時期だったかな…

 

家族の心が動き始めたのは、この後、夏のセブ旅行がきっかけだったと思います。

>>>移住のきっかけ②a セブ旅行 結婚10周年と快気祝いを兼ねて につづく