【2021年公開予定】おうち英語の Hop! Step! Jump!

私はこどもと一緒に、国境を越えた「earthling」としての生き方を日々考え、模索しています。

今の私を作ってくれた、家族、友達、同僚、そして、可愛い教え子たちと、その保護者の皆さま。

児童英会話講師という経験を通して、たくさんのことを、こども達、そしてその保護者の皆さまから学ばせていただきました。

 

私たちの今回の移住・インター編入に当たり、私がこども達と一緒に学び、日々感じていることを、これからも彼らに発信していきたい、それが、「新しいサイト立ち上げ」の動機となります。  

情報を必要としている、世界へ羽ばたく未来の日本のこども達へ。

そして、そのこども達を育てている、お父さま、お母さまへ。

 

巷にあふれる魅力たっぷりの教材。メソッド。

そして、おうち英語を実践されている、素晴らしい保護者の皆さまのブログなど。

 

たくさんの情報の中から、英語を通して「自分のこどもに何をプレゼントしてあげたいのか」

目的を見失わないように導くためのガイドラインがあったら良いなと思っています。

 

●おうち英語ってなに?おうちで何からすれば良いの?

●いつからどうやって始めたらよいの?何から手を付けていいのか分からない。

●何をやっても、結局ゴールが見えない。今のやり方で間違っていない?

●教材ばかりが溜まっていく。お金ばかりかかって、教材を使いこなせていない。

●行き詰まりを感じる。これからの伸ばし方が分からない。

●聴く・読むは出来るけれど、書く・話すことが出来ない!

などなど…

 

これらはすべて、私が子育てを通して経験したことです^^;

 

新サイトでは、

『お母さんやお父さんがの英語力がゼロでも始められる、英語育児のガイドライン』を作っていこうと思っています。

コンセプトは、まずは『英語を好きになってもらう』こと。

そして、それを『楽しく』学び続けられる動機を作ってあげる事。

 

子供達がまだ小さかった頃から現在に至るまで、私が常に心掛けていることや、児童英会話の講師仲間や、他の先生方から教えていただいた事、成功例、そして、今、息子たちの通う学校の先生方から日々学んでいることなど、

子供達の『初期英語教育』に必要なエッセンスをたっぷり詰め込んだサイトを、作れたら良いなと思っています。

  

我が家の子供たちが対面で学校に通えるようになるまでは、息子たちの学習サポートに全力を尽くしたいと思いますので、新サイト開設は、今しばらくお待ちくださいませ。

 

 

 

 

***参考まで***


>>>Amazon:CD付 ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100 (スティーブ・ソレイシィの英会話シリーズ)

>>>楽天はこちら

 

こちらの本は私が10代後半、初めて英会話を学び始めた当初購入し、ボロボロになるまで読み込んだ本です。

「なにも話せない」「何か話したい」そう思い、本屋さんで恐らく当時一番簡単(に感じた)だったこの本を手に取りました。

日常よく使う言葉、例えば

“That’ a waste.”( もったいない)

“You will be sorry.”(きっと後悔するよ)

“I used to.”(前はね)

“You decide.”(あなたが決めて)

などなど…

これを何度も何度も繰り返し、自分の言葉として使えるようになるまで、徹底して読み込みました。

そこまですれば、実際の場面で言いたいその言葉は常に英語で脳裏に浮かぶようになります。子育ての中で使える言葉もたくさん。

  

 

こちらは、わが家の長男が、身近な言葉にちょっとアレンジしながらスピーキング練習の土台にしています。


>>>Amazon:どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

>>>楽天はこちら

左の日本語を見て、ぱっと右の英文が出てくればOK!

中学3年生までの文法・文型で、スピーキングの基礎は十分だと思っています。ただし、それを発する機会を作らないと瞬発力が出ない。

編入当初、長男Uは、まさにそこで苦しみました。

こういった定型文・基本文をすらすらアウトプットできるようになるまで繰り返し練習したり、オンライン英会話を活用したりして、

編入1年半。

まだまだ表現力は乏しいものの、授業中に発言して、友達と会話をして、ある程度言いたいことを言えている=会話に困っていない状況です。

  

使える言葉を「丸暗記」して「繰り返し使う」ことで、子供たちも、もちろん親もその言葉の意味を丸ごと体で覚えることが出来ます。

  

他に自分が使いやすい本で構いません。

欲張らずに、とにかく「初めの1冊」を徹底して、お母さんの頭の中にも!!ぜひ叩き込んで、そして、日々使ってみて下さいね!